irohani.org Web Site 

−なにかがおかしい− (1)コロナの嘘とワクチンの危険性
​"3回目のワクチン接種はNO!、子供はもちろんダメ" です!!!

コロナはプランデミックと言われています。
あらかじめ計画されたプランにそって、メディアを使ってパンデミックを偽装して恐怖感を植え付ける。恐怖で冷静な判断を失った大衆は、いとも簡単に信じ込み、ワクチンだけが救いだと、自ら獣の刻印を打つ列に並び腕を差し出す。

ナチス・ドイツが使った手法は、現在も完全に有効だと証明されました。
​では、このプランでミックの茶番が何のために行われているのか、今はじまっている裁判がそれを解き明かしてくれます。

−いくつかの裁判がすでに始まっています−

●【COVID裁判】大陪審、世論裁判所 - Reiner Fuellmich博士の冒頭陳述

スクリーンショット 2022-02-15 16.54.34.jpg

必見です。今まで色々な動画の字幕を入れてきましたが、全てが繋がる動画です。
ドイツの弁護士、ライナー・フューミッヒ博士の冒頭陳述です。
今後、この裁判で証人として、マローン博士、イェードン博士等の世界各国の権威ある方が出てくる予定です。

大陪審|1日目

民衆法廷による大陪審の手続き
自然法を通じて国民の良心に力を与える。
「一人の不当は全員の不当」

私たち国際弁護士と裁判官は、ここに米国大陪審の手続きに倣った犯罪捜査を行っています。
この大陪審の調査は、陪審員(世界の市民で構成)に、「指導者」に対する今日までのCOVID-19の「人道に対する犯罪」の利用可能なすべての証拠を提示するための模範的な法的手続きとして機能します。
パンデミックの共通計画の策定と実行を支援、幇助、積極的に参加した「組織者、扇動者、共犯者」。
捜査の対象となる犯罪には、「人道に対する罪」を犯すという共通の計画に従って人が行った、あるいは行わなかったすべての行為、および世界中の陪審員のさまざまなコミュニティで非難されたそうしたすべての犯罪行為が含まれます。

 

この調査は人民の、人民による、人民のためのものであり、「人民世論裁判所」と呼ばれるものとする。
現行制度の法廷で実際の証拠を審理する裁判所を見つけることができなかったため、私たちは現行制度の外で、自然法に基づいてこの手続きを行っています。
これは、すべての人が善と悪、善と悪を容易に区別することができるという確固たる信念に基づくものである。

 

この主張は、世界の政府が腐敗した犯罪的な権力機構の支配下に置かれているというものである。
彼らは結託して、何年も前から計画していたパンデミックを引き起こした。この目的のために、彼らは意図的に虚偽の事実を述べ、社会的に操作された心理作戦を行い、そのメッセージを企業メディアを通して伝えることによって、大衆パニックを引き起こしたのである。

 

この集団パニックの目的は、いわゆる「予防接種」に同意させることであった。この「予防接種」は、その間に有効でも安全でもなく、極めて危険であり、死に至ることさえあることが証明されたのである。

これらの「人道に対する罪」が世界の人々に与えた経済的、社会的、健康的損害は、何千億ドルという単位で計ることができる。

 

以下の弁護士たちは、世界中の高名な科学者や専門家の協力を得て、ポルトガルの裁判官の後援のもとで活動しています。
この大陪審の調査は、陪審員(世界市民)に「人類に対する犯罪」の全容を明らかにするために行われます。

 

「民衆法廷」の調査の目的は2つあります。一方は、模範的な手続きとして、これらの「人類に対する犯罪」の刑事上および民事上の責任者の何人かに対して起訴することです。
そしてもうひとつは、地政学的・歴史的背景を含め、私たちが直面していることの全体像を示すことで、次のようなことを意識させることです。

 

乗っ取られた現在のシステムとその制度が事実上崩壊していること、そして、その結果として国民自身が主権を取り戻す必要があること。
まず、このプランデミックを阻止するために、従わないことが必要です。
医療、教育、経済、司法など、自分たちの新しいシステムを立ち上げ、憲法に基づく民主主義と法の支配を取り戻す必要があります。

●「国際刑事裁判所」にワクチンとコロナ規制に関わった多くの人たちに対しての「国際犯罪の疑い」での調査が開始

<一部抜粋>

 

国際刑事裁判所に提出された申し立てが重要なのは、今回ご紹介するものに関しては「イギリスでのワクチン展開とコロナ規制は国際犯罪に相当する」ということについての調査を要請したということで、イギリスだけを対象としたものなんですが、この調査で仮に「犯罪」だと認定された場合、

「世界中の誰でも、国際法違反として同じ申し立てを行うことができる」

ことになるからです。

加害者:

英国首相 ボリス・ジョンソン
英国政府最高医療責任者 クリストファー・ウイッティ
元英保健社会福祉省長官 マシュー・ハンコック
現英保健省長官 サジド・ジャヴィド
英医薬品医療製品規制庁の最高責任者 ジューン・レイン
世界保健機関局長 テドロス・アダノム
ビルアンドメリンダゲイツ財団の共同議長 ビル・ゲイツ
ビルアンドメリンダゲイツ財団の共同議長 メリンダ・ゲイツ
ファイザー社 会長兼最高経営責任者 アルバート・ブーラ
アストラゼネカ社 最高経営責任者 パスカル・ソリオ
モデルナ社 最高経営責任者 ステファン・バンセル
ジョンソン・ エンド・ジョンソン最高経営責任者 アレックス・ゴルスキー
ロックフェラー財団会長 ラジブ・シャー
米国立アレルギー感染症研究所所長 アンソニー・ファウチ
世界経済フォーラム創設者兼元主催者 クラウス・シュワブ
エコヘルスアライアンス会長 ピーター・ダザック

被害者: イギリスの国民

依頼人:
ハンナ・ローズ – 弁護士および人権活動家
マイク・イェードン博士 – 毒物学の生化学の学位を持ち、呼吸薬理学の研究ベースの博士号を取得し、ファイザーの元副社長兼アレルギーおよび呼吸器研究のチーフサイエンティストである生化学研究者
ピアーズ・コービー – 天体物理学者および活動家
マーク・セックストン – 引退した警察官
ジョニー・オールニー – 葬儀屋兼活動家
ジョニー・マクステイ – 活動家
ルイーズ・ショットボルト – 看護師および人権活動家

 

 

− 諮問委員が、ワクチン死者10倍!の発言! −






 

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • YouTube
  • TikTok