irohani.org Web Site 

−なにかがおかしい− (1)コロナの嘘とワクチンの危険性
​"3回目のワクチン接種はNO!、子供はもちろんダメ" です!!!

ここに掲載したワクチンによる後遺症はニュースになっているほんの一部です。世界中で、今、数十万、いや数百万の人が苦しんでいることが想像できます

● 3回目を接種後に死亡!
 3回接種で免疫抑制が効かなくなり基礎疾患が悪化して亡くなったのでしょう



18日、全国で211人の新型コロナウイルスによる死亡が確認されました。80代の母親がコロナに感染して亡くなったという50代の女性は、「3回ワクチンを打てば軽症で済むと思っていた」などと話しました。

 ● 大石解説が出どころのはっきりした取材で後遺症の真実を報道!
 



<アンカーマンの大石邦彦より>
ワクチンを接種した後、強い心臓痛に襲われ一時心臓が停止した10代の女性。彼女は、どのような状況から容態が急変したのか? そして、今だから話せる国への思いとは? さらに今週、新型コロナに感染した10代の死亡例が。 その国内5例目の死亡にはある特徴が出ていました。



<アンカーマンの大石邦彦より>
去年9月に新型コロナワクチンを接種した後、体調が一変した50代前半の女性。 心臓痛から倦怠感など症状は続き、寝たきりの日々を過ごしています。 仕事にも行けず、病床に伏す女性。接種後に何があったのか? ワクチン後遺症と診断された女性を取材してわかったことは? また、ワクチン後遺症で動き始めた自治体。後遺症患者の希望の光となるのか?


母親「(写真を示しながら)これが出始めて… もうそれはちょっと やっぱり普通じゃないと…」

12歳の体を突如襲った“異変の数々”。お腹には赤い発疹が…。 そして、舌は白い苔のようなものでびっしりと覆われています。   

大石アナ「舌にこの症状が出始めた時はどんな感じでした?」  
体調不良に悩む女児(12)「痛かったです、すごく。ヒリヒリ…」 もう長い間、全身のけん怠感にも悩まされています。   

大石アナ「学校には行くことはできているのかな?」   
体調不良に悩む女児(12)「そんなに…行ってない」   

母親「もう把握できないようなことが毎日毎日 いろいろな体調がおかしなことが起きて もう精いっぱいの生活だったので…」

 
 
 
 
 

 ● 元気な12歳のマディは、ワクチン接種後に重篤な後遺症に見舞われた

 



彼女の両親は医学と工学を専攻しており、子どもたちにパンデミックの終結を助けてもらいたいと思っていた。 しかし、今、マディは車椅子に乗っていて、栄養チューブが必要です

12歳のマディは、健康でエネルギーに溢れ、たくさんの友達がいて、楽しい学校生活を送っていたにもかかわらず、2回目のワクチン接種を受けて2ヶ月半経った頃から腹筋と神経に耐え難い痛みが表れ、胃不全、吐き気、嘔吐、血圧と心拍数の乱れ、記憶力の低下、言葉の混同、脳にモヤがかかったような状態、頭痛、めまい、失神、言葉や運動性チック、下半身の感覚がなくなり、筋力低下、視力の急激な変化、膀胱のコントロールができなくなる、閉尿(膀胱から尿をまったくまたはほとんど排出できなくなった状態)、重い月経異常などが体に表れ最終的には鼻から栄養チューブを通して栄養補給しなければならない状態になった

 
 
 
 
 

 ● ワクチン後遺症についてはこのサイトが秀逸です。全てまとめています!

 

−ワクチンに警鐘を鳴らず世界的に著名な学者、医者からの訴え−









 

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • YouTube
  • TikTok