ワクチン解毒を!

 − コロナ、シェディング対策にもなるワクチン解毒法

ワクチンに入っている酸化グラフィン(毒)、接種者が発するスパイク蛋白によって血栓や健康被害が引き起こされます。解毒するとい言われているものに、松葉茶(スラミン)、グルタチオン、Nーアセチルシステイン、5-ALAなどがあります。

FfUcE9PaEAMfzE2.jpeg
解毒2.jpeg

ロバート・ヤング博士が分析したワクチンの成分によると、どこのワクチンにも入っているみたいです。

icon_09.gif

  ▼ ワクチンの成分

  ▼ 酸化グラフィンとは

▼「解毒!」に関連する記事