irohani.org Web Site 

−なにかがおかしい− (1)コロナの嘘とワクチンの危険性
​"3回目のワクチン接種はNO!、子供はもちろんダメ" です!!!

では、公開されている情報から確認してみましょう!




−ご存知ですか!−

 

1月14日千葉日報新聞2.jpg

「日本の子どもたちを守るために」
 https://jcovid.net/

  • コロナワクチン接種後の死者は、公式に報告されているだけでも国内1,444人(1月22日 厚労省発表)いること

  • コロナワクチン接種後の重篤者は、公式に報告されているだけで国内6,370人(12月24日 厚労省発表)いること

​🔴 厚生労働省発表 2022/02/18

FL6lslbaAAAR1ow.jpeg

​🔴 厚生労働省発表 2022/01/23

スクリーンショット 2022-01-23 10.53.11.jpg

​↑ ​↑ ​↑

クリックでブログサイトを見てください

 

2022年1月21日、コロナワクチン副反応に関する検討部会(ワクチン分科会)が開催された。それに伴い厚労省は、コロナワクチンによる死亡および副反応の最新データをWeb上に公開。

同年1月14日時点でのワクチン死亡報告*が 1,444件であることを明らかにした

スクリーンショット 2022-01-23 11.03.01.jpg

​🔴 厚生労働省発表 2021/12/24

​↑ ​↑ ​↑

クリックで詳細が見れます

スクリーンショット 2021-12-28 13.02.30.jpg

薩摩隼人健康教育コンサルティング株式会社 HP 
で 以下の詳細が見れます! 年齢、男必見です!

接種後の死亡
 _年齢別 全体
 _年齢別 /ファイザーとモデルナ
 _男女別 /ファイザーとモデルナ
 _死亡までの日数 /ファイザーとモデルナ
 _死因別 /ファイザー
 _死因別 /モデルナ









 

  • 接種されているコロナワクチンが現在も臨床治験中であること

スクリーンショット 2021-12-28 13.30.21.jpg
  • コロナワクチンの有害事象はいくら起きても殆ど報道されないこと

FJ64WW6aAAAYm_5.jpeg
FJ64WW4aMAEKvbd.jpeg
  • PCRがそもそも病気の検出用途の検査法でないこと

  • PCR発明者が病気の検出に使うのはいけないと明言していること

  • PCRは検体を30〜45倍程度増幅して判定するため、偽陽性が出てやすく、増幅数が多くなるほどあてにならないこと

スクリーンショット 2021-12-28 15.17.04.jpg

クリックで拡大(一部抜粋)

CtPCR検査では遺伝子の300分の1しかみていない。
つまり300分の1が合致していても、全体を見ているわけではないので、決して新型コロナウイルスとは言えない!

スクリーンショット 2021-12-28 17.17.05.png

​↑ ​↑ ​↑

クリックでブログサイトへ

Ct値でいくらでも陽性者を都合よくコントロールできるPCR検査を簡単に手放すはずがありません!  (日本のCt値は40〜45で一番高い)

スクリーンショット 2021-12-28 17.35.30.jpg

  • そもそもウイルス感染とは、ウイルスが免疫を突破して細胞内で増殖している状態を指す。陽性者=感染者ではないこと

  • 極微量のウイルス遺伝子が付着しているだけでもPCR検査陽性になる可能性があり、それは本来、感染ではないこと

​ ↑ ​↑ ​↑

クリックでブログサイトへ

「ウイルスを持っていても感染しなければ何も問題はない!

ウイルスが「いる」状態(PCR検査陽性)を感染=病気としたら、風邪の場合         

は国民のほぼ全員が感染している、つまり風邪をひいているということになります。

スクリーンショット 2021-12-28 21.55.23.jpg

​ ↑ ​↑ ​↑

クリックでブログサイトへ

検査陽性と感染と発症の違いをわかりやすく説明

感染しているとは、通常(生きた)ウイルスが細胞内に入ること。 

風邪のウイルスとは常に接触している。つまり常にウイルスは「いる」。もし、ウイルスが「いる」状態(PCR検査陽性)を感染=病気としたら、風邪の場合は国民のほぼ全員が感染している、つまり風邪ということになります。     

「検査陽性=ウイルスがいる」ことだけでは「感染と言ってはいけない」のです。

スクリーンショット 2022-01-14 7.49.19.jpg

  • 国民には真相が何も知らされていないこと


ここまでご覧になっておかしいと思いませんか?
上記は、殆ど報道されていません。


接種後の死者数1444人はワクチン接種のリスクを示す一番大事な数値です。厚労省の発表があればテレビ、新聞が大きく取り上げていいはずですが、決して新聞の第一面を飾ることはありません

2005年、インフルエンザワクチンのタミフル摂取後に10代が異常行動により転落死した記事は当時大きく、何度も報道されましたしかし、コロナワクチンでの死者については何故かまったくと言っていいほど報道されません。接種後すぐに亡くなっても、です。コロナの陽性、重症、死者数は連日テレビで伝えられ皆さん敏感ですが、コロナワクチンの死者数、副反応者数、重篤者数はほとんどの人が知らないのではないでしょうか。

実は副反応で学校や仕事に行けない、日常生活が営めないなど、様々な症状を訴える人が何千人、何万人といますしかも様々な症状をともなって。ワイドショーが飛びついて連日取り上げてもいい話ですが、何故かそうはせず「早くワクチン打ちましょう」の論調です。


​まず、テレビではほとんど報道されていないワクチンのもう一方の側面、リスクをしっかりと見てみましょう!


 

−ワクチンのリスクを確認しましょう−









 

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • YouTube
  • TikTok